0 Ichiya Nakamura

Blog

New

立命館小学校の公開授業

■立命館小学校の公開授業
立命館小学校。京都の北大路烏丸。そこはむかし烏丸車庫と呼ばれていて、三条京阪から1番か37番のバスに乗るのです。40年近く前、ぼくはそのあたりで降りて、歩いて5分程度の場所にある中学校に通っていたのです。デジタル教科書教材協議会DiTTでぼくと一緒に副会長を務める陰山英男さんが公開授業を開くというので、久しぶりに向かいました。
 立命館が日本をリードするデジタル教育を導入していることは何度も申し上げたので、改めて目立っていたものに絞ってメモします。



 まず、溶けこんでいること。電子黒板と黒板、タブレットと紙とが自然に同居し、使いこなされてていることです。






 子どもたちも、紙の教材を見つつ、タブレットを操作し、紙のノートに起こし、電子黒板で共有し、という作業を、指示されるまでもなく自然に流していきます。






 一人一台タブレットで勉強。でも自分のケータイはこうして教室の入口に。いずれ自分のタブレットを家から持ってきて学校で使う、という形になるのだろうと思いますが、今はこうして。













  それらは国語算数理科社会、そして英語という教科では当たり前の道具。







 ぼくはそれ以上に、体育で使いこなしているのに感心しました。これは縄跳びの授業。跳び方や協調作業を映像で撮ったり示したりします。







 一緒に見学した文科省・豊島課長も、実はデジタル技術のこうした利用に期待しているんだと言ってました。






 MIT Media Lab開発のプログラミング言語、Scratchを使うクラスもあります。ぼくらCANVASもGoogleと連携してこのプログラミング教育を広げようとしているのですが、小学生に定着しつつあるのはさすが。






 そしてこれもMIT発レゴ・マインドストームでのロボット制作。十数年前、ぼくらがウンウン開発していたものを小学生がやすやすと使いこなす。うれしい。






 立命館小学校では、iPadやアンドロイド、サーフェスなどさまざまな種類のハードウェアが導入され、あれこれと試されています。マイクロソフトの中川さんがパネル討論で「MS全社員と立命館の小学生が全く同じサーフェスを使い、同じパワーポイントやエクセルで作業している」と話していました。なるほど。鉛筆を大人用と子供用に分ける必要はありませんよね。
 陰山さんによれば、サーフェスを導入して最初に独自教材を開発したのは、定年を迎えたアナログ系ベテラン教師だったそうです。授業力のある方が、デジタルという技術を使って、より豊かな教育を実現する。そのポイントは、デジタルを使う力ではなく、教材を作ってきた経験、ということです。

 メリットは明らかなのに、なぜ日本は歩みが遅いのか?そう聞かれました。
「文科省はがんばってます。先生方もがんばってます。子どもはスイスイ使ってます。でもシニア世代が反対したりします。論理的な批判じゃありません。簡単に論破できます。つまりそれは、工業社会での世界モデルと称された日本の優れた教育が大きく変わることに対する漠然とした不安感。空気なんですよね。」
 じゃどうすればいいの?
「この公開授業のような、子どもたちの笑顔とまなざしを見せること。隣の学校でやってるのに、どうしてウチはデジタルじゃないの?という格差を生んでいくこと。議論より実行でしょう。明治期に黒板や鉛筆を入れた時も、昭和期にプールを導入した時も、成果の実証なんてギリギリ議論したんじゃなくて、リーダーがズバっと決めたんだと思うんです。今は決めにくい社会になっている。それでも決められるように、情報を発信していきたい。」と申し上げました。

YouGo3.0

Buenos

Topics

 
「ICHIYA'S POP EYE ~マンガ~」
>>BSフジ「もしもし にっぽん」出演(2014.4.20)

「広がるプログラミング教育」
>>Yahoo! 今日はこのへんにしといたる(2014.4.19)

「メディア融合3.0」
>>信越電波協力会 長野 基調講演(2014.4.17)

「世界一のアーカイブ大国になりませんか」
>>agora(2014.4.17)

「世界一のアーカイブ大国になりませんか」
>>BLOGOS(2014.4.17)

「知財本部の検証・評価スタート(下)」
>>agora(2014.4.15)

「知財本部の検証・評価スタート(下)」
>>BLOGOS(2014.4.15)

「知財本部の検証・評価スタート(上)」
>>THE HUFFINGTON POST(2014.4.14)

「ICHIYA'S POP EYE ~マンガ~」
>>NHK-World「もしもし にっぽん」 出演(2014.4.11)

「知財本部の検証・評価スタート(上)」
>>BLOGOS(2014.4.13)

「インターネットとできること」
>>Yahoo! 今日はこのへんにしといたる(2014.4.12)

Profile